きむら歯科クリニックの診療理念

【診療科目】
一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科

 

歯を失う原因の二大疾患であるう蝕(むし歯)と歯周病はどちらもプラーク(歯垢)中の細菌による感染症です。
プラーク1mg中におよそ1~2億個の細菌が棲息しており、その種類は400~600種類にも及ぶと推定されています。

細菌を減らせばう蝕と歯周病のリスクも減ります。プラークすなわち口腔内の細菌の数が増え過ぎないようコントロールすることをプラークコントロールと言います。ここで一番重要な要素を占めるのは、患者さん自身が日常行うブラッシングやフロスや歯間ブラシを用いた歯間清掃などのセルフケアです。

しかし残念ながら歯周ポケット内のプラーク中の細菌によって形成されたフィルム状の細菌叢(バイオフィルム)やプラークが細菌ごと石灰化して固まった歯石は、日常のブラッシングだけでは取ることができず専用の器具と技術を必要とします(プロケア)。

定期検診は患者さん自身が行うプラークコントロール(セルフケア)を補い、治療が必要なむし歯などが発見された場合も早期の治療を可能とします。

自分の歯で噛めることは味覚ばかりでなく五感すべてを刺激し健康に生きるためにとても大切なことです。
歯を1本でも多く残すことが健康への鍵だと言えます。少しでもその手助けをするのが歯科医師をはじめ我々歯科医療従事者の使命であると思っています。

どんなことでもお気軽にご相談下さい。 

 

.jpg 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
078-984-3500